クリパルヨガSPACE まめの木

yogamame.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【参加しました】フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー・トレーニング

昨日、戻ってきました。
10泊11日、いや~濃かった~
(まだ、レベル1.2が終わったところ。レベル3は9か月。みっちりみたいです。)

たくさんの学びがあって、体と日常生活に落とし込んでいきたいです。


日本初開催ということで、創始者のマイケル・リー、他スタッフ4名も来日して行われました。


セラピーの一番大切なエッセンスは「体の声を聞く」ということ。
トレーニング中は何度も、何度も、何度も繰り返し、体に戻ることを徹底されました。

「私たちは不完全で完璧」
「起きていることに気づき、その瞬間に選択があるだけ」
「体とフルにいること」
「処方箋は与えられるものでなく、自分の内側にある変容のスイッチは自分だけがおせるもの」


プラクティショナーはクライアントにヨガのポーズを補助しながら、
感覚が起きているその瞬間に留まり、没頭してもらう。
(トレーニング中はプラクティショナー、クライアント交互の立場を練習します)
クライアントはそこで気づいたことに、いいも悪いも、できたできない、直すとかいう
ジャッジもなく、ただ1つの体験として捉えていく。
そのプロセスの中で、自分のあり方、思考パターンが見えてきます。
それらがどこから来ているのか見ていく。
根っこがみえてきたら、体の内側にある「智恵」にきいてメッセージを受け取ります。
それによって、自分が作り出していた檻から解放されていくように、
人生に変革の波が起こってくる可能性を感じました。

ひとり1人の内側にある「神聖な存在」からのメッセージは、ものすごくパワフル。
その源につながっていくことは、難しくもあり簡単でもあり、自転車のような感覚なのかも。
一度存在を感じれば、あると信じて繋がっていける。繋がりやすいコツもわかる。

いかに、自分がマインド(思考)の中で生きているかがわかりました。
そのマインドの声を何とか鎮めていくと、奥深く静かなところから体の声が聞こえてきた感覚です。

それはまるで、絡まりあった糸をゆっくりと時間をかけて、
ほぐしたり、ゆるめながら、ほどいていくようなプロセスでした。
トレーニングの日程が進んでいくごとに、自分の中の課題に対する
体からのメッセージが1つ1つ繋がりをもって、深さを増していく。
結び目がほどけていきそうなとっかかりがでてきたら、爪の先で上手につまんだまま
つぎのとっかかりがでてくるのを探りながら待つ。
集中力と忍耐のいる作業です。


なんと掘り甲斐のある体をもっているんでしょう~
体は情報源の宝庫だな。いつも本当のことを知っています。
いろいろな場所に行かせてくれて、
実際に喜びや悲しみ、幸せのエネルギーを流して、味あわせてくれます。
「体は魂の乗り物」という教えが、体で府に落ちました。
体への感謝が中からあふれて、涙になりました。


私の内側でよく起こる1つのパターンとして
マインドの声、体の声、別々のことを言い出します。
ついつい大きい方のマインドの声を聞きがちですが、
体の声にも耳を澄まして、マインドと体が話し合って
折り合いのつくところを探っていきたいなと思います。


フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピーの創始者であるマイケル・リーの言葉です。

「ヨガのポーズ中に体で起きる体験」と「実生活」をつなぐ、
「架橋」の役割がフェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー


大きな可能性を感じた日々でした。
まだまだこの旅路は続いていきます。
愛と感謝の入ったバケツをもって、前に進んでいきたいです。




たくさんの人のサポートがあってこそ、トレーニングに参加できました。
応援して、家庭を守ってくれた家族、
背中を押してくれた友人、
マイケルをはじめとするディレクターのみなさん、
日本での開催を実現してくださったトシさん
準備してくださったスタッフのみなさん、
的確で臨場感のある通訳に徹してくれたえりちゃん、
たくさんのシェアと学びのプロセスに付き合ってくれたルームメイト
学びあいの場を尊重してくれた参加者のみなさん

ありがとうございます。

c0254060_10234777.jpg


[PR]
by yoga_mamenoki | 2015-09-24 13:26 | ヨガの芽(目)

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニングに参加してきます

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング(PRYT)まで、
日程が迫ってきました。
ここ最近、ドキドキとワクワクの割合が拮抗していました。

そんな気持ちを抱えながらも、一方では粛粛と準備を進めることで、
気持ちも落ち着いてくるようで、いい緊張感の中にいます。


セラピー用に、新しくノートを買いました。

すると、何だかとても新鮮な気持ちがわいてきました。
セラピーのイメージ、これまでの体験、ぼやけたまま持っている知識...
そんなものを真っ白にして臨んでいけそうな心持です。

この精神状態がやってきてくれたことで、リラックスしてきました。


クリパルヨガから派生したPRYTということですが、自分にとっては未知の世界。
ヨガ教師としてでもなく、あるがまま身ひとつで飛び込んで、
どっぷり体験から掴み取っていこうと思っています。


新しい世界に飛び込んでいくときって、直前までいろいろ考えちゃうけど、
最後は「エイ、ヤー!」って勢いでいっちゃうんだよな。。笑
考えていたことも放り投げてね...私にはそれがあってるみたい。


楽しんできます。



[PR]
by yoga_mamenoki | 2015-09-11 13:08 | ヨガの芽(目)

【参加しました】自己探求のためのクリパルヨガとアーユルヴェーダ

8/22に開催されたWS「自己探求のためのクリパルヨガとアーユルヴェーダ」に
アシスタントで参加させていただきました。

今回のWSは3部構成で、ヨガのアラカルトみたいな、
それぞれの分野のきっかけになるような内容でした。


①はじめてのアーユルヴェーダ
  〜「わたし」を知るためのインドの知恵〜

アーユルヴェーダ(生命の科学・智恵)って何?
というざっくりとした世界観を、まきこさんの体験談やカードを使ったワークをみんなでしながら
イメージ的にとらえていくところから始まりました。
そこから、時間や季節、日常に取り入れられるアーユルヴェーダの智恵へと入っていきました。

例えば、朝10:00~14:00まではピッタという「火」のエネルギーが強い時間だから、
ランチをいちばんボリュームにあるものにするとよいなど、
時間や季節ごとに、心身を快適に過ごすための具体的な方法や話もたくさんあって、
はじめての方にも取り入れやすかったのではないかなと思いました。

その中でも、まきこさんが最後にいっていた言葉がとても印象的でした。
「アーユルヴェーダの日課を取り入れていくうちに、○○しなかった、○○の時間が過ぎている、など
その結果によってジャッジしないでいいです。○○したとき/しなかったとき、○○の時間内/外にしたとき、
それぞれ体験を味わうことで違いを感じればそれでいいです。
違いをどう感じるか、それが自分を知っていく手がかりになります」

というような内容でした。
かつて、アーユルヴェーダを学び始めたころの私がそうでした。
○○しようと決める→やる→できる→○
            →できない→×→なぜ?

自分で檻を作って息苦しく感じてくる。そして全部やめる。
極から極へみたいな・・・


最近は、その世界観や過ごし方のコツを知っていたからこそ生まれた
バランスの中にいます。
自分に取り入れられそうなところを見つけてやってみる。
ちょっと力抜いたところで感じてみる。
やったりやらなかったりしても、それでよし。過ぎていく・・・

アーユルヴェーダとヨガは姉妹みたいな関係です。
少しずつ深めていきたいと思います。


②はじめての人の瞑想

サークルになって10分間を2回、呼吸に意識を向けていく瞑想でした。

ここでも印象的だったのは、呼吸に意識を向けることは誰でもできることだけれど、
その途中で各自いろいろな反応が起きてきます。
イライラ、眠気、思考、体の痛み・・などなど。
それに気づいて、もう一度何とか呼吸に意識を向けていこうとするそのプロセスが
瞑想であり、自分を知っていく体験になるという話です。

お昼を満腹に食べた私は、目を閉じると睡魔で脳がグラ~ンとゆれるような状態になりながら、
何とか呼吸に戻ろうと遠くなりそうな意識と戦っている感じでした。笑

生活の中で、短い時間でも呼吸を観察することで、そのとき必要な知恵とつながるきっかけに
なるかもしれないですね。


③クリパルヨガの太陽礼拝と月礼拝
  〜プラーナ・エネルギーを感じる〜

アシスタントとして、エッジにいました。
太陽礼拝・月礼拝は、フローといって決まった一連の動きが流れになっています。
それを何セットかするうちに、その流れの中で体の中を動くエネルギー的な感覚が生まれてきます。
それを「プラーナ」と呼んでいます。

プラーナを”感じる”ということは、自分の体の内側にものすごく意識を集中させている状態なので、
アシスタントとしての出番はほぼないといってもよいのかもしれませんが、
太陽礼拝や月礼拝が初めての方もいたので、安全に配慮するということからサポートに入る場合もあります。
その入り方や、タイミング、加減がと~っても難しかったです。

みなさんとても集中されていて、部屋中に高まっていくエネルギーの渦を感じました。
参加者のみなさんのシェアで、太陽礼拝は外側へ発散していくようにな熱さ、
月礼拝では内側にじわっと熱くなる感じがあった、
という対照的なエネルギーを感じたというのもおもしろかったです。

太陽礼拝と月礼拝を1つのクラス中に体験する機会も珍しいですから、WSならではの体験なのかな。
プラーナを感じる体験をすると、ヨガがどんどん楽しくなってきますね♪


ヨガのいろんな一面を1日で味わえるWSとなり、貴重な体験をさせていただきました。
また、まきこさんのWSは年明けくらいで予定が立ちそうなので、興味のある方はぜひ検討してみてくださいね。
私も今から楽しみです!


まきこさん、主催してくれたたまちゃん、参加者のみなさま、送り出してくれた家族、
いただいたご縁に感謝します。



[PR]
by yoga_mamenoki | 2015-09-11 12:58 | ヨガの芽(目)

あ~夏休み

夏休みいかがおすごしでしたか?
気づけば、すっかり秋風が吹いてますね。

子供の夏休みも残りわずか、少しずつ日常のリズムを取り戻さなくちゃ。
娘の夏休みにあわせて?!私も一緒に夏休みを楽しんでいました。笑

夏の予定って、なんであんなにワクワクするんだろう♪
計画してるときから、実行してる時まで夢の中にいるように楽しくて、
あっという間に時間が過ぎていて...

今年の夏は、7月上旬のキャンプから始まりました。
新潟のお友達宅を目指して出発!
おいしい日本海の幸をいただいて、友人家族とたくさんのおしゃべり。
1泊したあと、長野県戸隠までおりて4泊5日で高原キャンプでした。
高原の朝晩は冷えて、長袖3枚きてちょうどいいくらい。
昼間は日差しが強くて日向にはいられないほどだけど、
日陰はさわやかな高原の風が吹きわる心地よさで、のんびりした日々を過ごしました。


そして、夏休みに入るとすぐ、子供達を夫の実家である佐賀に送りました。笑
義母が小牧空港まで飛んできて、子供たちをつれて福岡へとんぼ返りしてくれました。
子供たちだけでの帰省、どうなることかと思いきや、機嫌よく1週間ほど過ごしたようです。

その間、私は東京へ研修会をかねたヨガ三昧の旅へ。友人宅を転々と泊まらせてもらいながら、
ヨガスタジオとショッピングなど自由に羽を伸ばすことができました。
バックパッカーのような生活だったけど、会いたかった友人たちともそれぞれゆっくり会えたし、
行きたかったとこ、買いたかったものなどが叶って、充実した日々を送りました。
その足で、羽田から佐賀まで子供達を迎えに行って、さらに1週間のんびりさせてもらいました。
2週間も主婦をお休みさせてもらって、ほんと夏休み万歳♪


毎日、心にとまる体験や気づきがたくさん起きています。
ブログや言葉にする作業が追い付かなくて、
書こうと思いながらも、もう次の体験の最中だったりして・・・
体験の波がきているときは、乗ってみるようにしています。

らせん階段を回っていくように、自分の課題や癖が巡ってくるけど
いつも同じところじゃないから、そこで呼吸して、どんな自分がいるのか見てみるのって
可能性に満ちていておもしろい!ふさがっていた目があいていく感じ。
こうやって、自分も周りもゆるやかに変化し続けていく...

「無常」って、古典とかで無常観を習った時のイメージはさみしい感じが強かったけれど、
最近は、「一期一会」というイメージに近くなっていることに気づきました。


9月は「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」のトレーニングに行ってきます。
9/13から10日間の合宿です。
私にはとてもチャレンジな内容だと思いますが、実りのある時間にしようと思っています。
いつも応援してくれる家族、仲間に感謝をこめて準備を進めていきます。


あ~もうすぐだ。。
ワクワク、ドキドキ・・・ドキドキ・・ドキドキ・・






[PR]
by yoga_mamenoki | 2015-09-03 13:37 | 子育て・日々のこと