クリパルヨガSPACE まめの木

yogamame.exblog.jp
ブログトップ

子どもの「目」のはなし

2010年10月号のクーヨンを読みました。
興味深かったのは、

「小さな子供にはメガネをつくらない」
というメガネ屋さんの「目」のはなし。

約40年もメガネの調整をされている経験からのはなしで、
「視力は食事の内容や日常の姿勢と密接に関わっている」らしいです。

精製された砂糖をとりすぎたり、ストレスなどで「気」が頭にのぼっていると、近視を引き起こしやすい。
が、食事や姿勢、環境を見直すことで回復することがあるのだそう。
男の子は正座、女の子はトランポリンもよいそうな。

子どもの目は柔軟に順応するのですね~
そーなんだぁ?!と読み進めるうちに、次の記事に妙に納得しました。


目には体のいろいろな不調が現れるのだそう。
・体が緊張すると視力が落ち、心もかたくなる。
・体の緊張を緩めようと「陰性」の食べ物ばかりとりたくなる。
・体を緊張させないために目が近視気味になり、ストレスとなる情報を遮る。

ストレスの影響は胃腸など内臓系、頭痛、眠れないなどはよく聞くけど、
そうやって、目でもバランスをとっているんですね。

そして、「体がゆるめば視力が回復する可能性がある」ともありました!!

最近コンタクトを作り直しました。
妊娠中期ぐらいから、コンタクトをすると目がしんどかったので、
最近までメガネで暮らしていましたが、そろそろ大丈夫かなということで。

すると、以前よりコンタクトの度数が両目とも4段階ぐらい良くなっていました。
告げられた数字を聞いて、心の中では「ほんとに??そんなはずはない、はかり間違いでは?」と
測ってくれた方を信じることができず、「自分の目はもっと悪い」と思い込んでいました。
相手をまず疑ってしまうあたり、私のエッジの反応だなと思います。

「使ってみて合わなければ交換もできますから~」という言葉を頼りに、
「様子をみてみます」と不安ながらもお試し用レンズをしたまま家路へ。
疑ったものの、確かに見えてる!車の運転に支障ないほど見えてる。。。
ちゃんと測ってくれてありがとう~!

後日、視能訓練士の友人に話すと、コンタクト装着有無で目の屈折率が変化してありうるとのこと。

前述の「体がゆるめば視力が回復する可能性がある」って、
出産や育児の過程で、心身ともにゆるめの生活をしていることも影響しているのかな。
体、心、食べ物、環境・・・繋がっているのですね。
[PR]
by yoga_mamenoki | 2012-11-21 16:20 | 子育て・日々のこと